スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

光通信回線に関して

最近うちにも光通信回線がやってきました!(^o^)丿

これが早いのなんのって、今までの回線は遅すぎて一体何だったのだろうと言う感じです。早く変えれば良かった。。

私は結構動画や、海外のストリーミングサイトを見るので、やはり回線速度は速いほうが良いです!

それと、連絡機器のポート運用によるので、あまりマルチモードとかにこだわらないほうがいいかもです。連絡装備のポートがその仕様だったら、あのしかあわない。。。度合いで思索ておけばいいと思うのですが。
(マルチモードか?シングルモードか?ではなくて、もっとコダワルべき点ってのは、光線のところ、別にあります。)

まず、マルチモードについて、人類個個、異なる解説をきいたねがあります。1つの芯の間で、双方角の送受信ができる物。。。と、いう解説をする人類がこれまでにもいましたが、私は、あのは誤りではないか?と思っています。

または、自己の知らない場合で、そういう製品があるなら、逆様に教えてもらいたいです。

マルチモードの光ファイバーは、普通の光ファイバーよりも拡散がより高機能。=拡散仕方についてのマルチであり、方角がマルチという意義ではない。=1芯につき片方向のみ。

上記の解釈が、ほかの人類の解釈と異なるので、昔に何度か調べてみましたが、やはり結論は、1芯片方向です。1)他国の光ファイバーの雑報(英文)→当達の思索と同じ解説あり。

アルプス社の仕様書を照会に、もう五度調べてみましたが、コア芯が2個あるパターンの物。=ケーブルは五本でも、間にコア芯が2つある→発信用と着電用=各コア芯は1WAY

*コネクターの頭が2つに分かれている物の、ケーブルは1本。(2本分のケーブルが1本にまとまっている印象)
*コネクターが2つ分の大きさで、1つ。けれど、内容は2芯。(プラグみたいな印象です)=マルチ(双方角という意義かも)
*または、発信用、着電用、個個のポートをシングルモードで分けて運用。

1芯の間で、双方角可能な製品が実際にあるのか?いまだにナゾです。(私もかつてから調べていて、答えが上記の範囲でしか史料がみつかっていません。)

ほか、グラスの間で光線の拡散をさせている分、1芯の間で両方角発信が可能なのか?物理的分野から調べるといいのかもしれませんが。マルチモードの光線の拡散図をかつて、他国のサイトでみかけたのですが、拡散した物が、中途、五点でまじわるような拡散の方法だったんですね。

逆方向から同じように拡散する光線を1芯の間で(双達から)流してみたところ、その光線の接点の一部で双方角が可能なのか?とか。開拓間なのか?または、物理的に無理なのか?とかね。まだまだ概して史料が少なくて、当分、限られた史料の間でしか決定できませんでした。

ほか、IBMのPCに、かつてから光線ケーブルが直接PCにさせる光線ポートがついていました。が、ホーム用モデムまたは、ルーターのほうが、まだおいついていないので、試すねができず、PCの達が老朽化してしまいました。

このポートは、1芯分のポートしかついてなかったのですね。=双方角可能なマルチモードが、既存するから、ポートが1芯分しかないのだろうか?

ほか、他国移入品のDVDプレイヤーでも、光線ポートがついている物をもっていますが、あのも、ポートが1芯分しかありません。双方角可能なマルチモードが、既存するから、ポートが1芯分しかないのだろうか? と、こんな感じで光通信回線に関してはいろいろな情報がありますが、興味のある方はぜひこちらのサイトへ!(^^)v
光通信回線

スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。