スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

引越しましたー

引越しを期にいろいろ新しい事に挑戦していこうと思っています。まずは生活家電など、今回はホームベーカリーを買ってみました。

まずパンは、膨らませるものと膨らませないものとに大きく分けられる。膨らませないパンは平焼きパンや無発酵パンと呼ばれ、中東からインドにかけての地域で盛んに食べられている。膨らませるものは、酵母を使って発酵させるもの、種を使って発酵させるもの、発酵させず膨張剤を使うもの(クイックブレッド)の 3種に分けられる。もっとも一般的なものは酵母を使って発酵させるコムギのパンである。

パンは当初、大麦から作られることが多かったが、しだいに小麦でつくられることのほうが多くなった。古代エジプトではパンが盛んに作られており、給料や税金もパンによって支払われていた。発酵パンが誕生したのもこの時代のエジプトである。古代ローマ時代になると、パン屋や菓子パンも出現した。

ホームベーカリーは通販で購入、家電量販店に行くよりも手軽に買えるし、何よりも安い!保証書も問題なく付いているし、ネット通販は改めて便利だと感じた。

ポンペイから、当時のパン屋が発掘されている。すでに石でできた大型の碾臼(ひきうす)が使われていた。ポンペイで出土したパンとほぼ同一の製法・形のパンは現代でも近隣地方でつくられている。この時代から中世までは、パンの製法等には大きな変化はなかった。

現在、日本においてパン食の割合が特に高いのは近畿地方である。日本におけるパンの年間生産量は、2005年には食パンが601552t、菓子パンが371629t、そのほかのパンが223344tとなっており、約半分を食パンが占めている。同年の1世帯当たりの年間パン購入量は食パン19216g、そのほかのパンが20725gである。

日本のパンの生産量は平成3年に119万3000t、平成23年に121万5000tと、年度ごとにやや増減があるものの総体としてはこの20年ほぼ横ばいが続いている。しかし、主食であるコメの消費量が激減を続けていることから相対的にパンの比重が増加し、2011年度の総務省家計調査においては1世帯当たりのパンの購入金額が史上初めてコメを上回った。
スポンサーサイト
最新記事
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。